2010年05月31日

買物難民

本日の作業は終わり・・

作業しながら思い出したことがある

昨日の夕方やってた番組「ガイアの夜明」ってのがやってた

毎回違うテーマでその時代時代を切り開く物語をやってる

昨日のは飽和状態のコンビニエンスストアの今後って感じ

その中で、鳥取県江府町の企業が紹介されていた

この方は山陰では有名な方でやっている商売も知っていた

が、その中でここ数年特にローカルの中山間地で問題になってる

それは「買物難民」

近くにスーパーはおろか、パパママストア(個人商店)もなく

交通の手段もない高齢者のみなさん達の事

そこに自分のスーパーの商品やローソンの商品を移動販売に行く

特に中山間地は10軒程度の集落も多く通常は移動販売すら来ない

それこそ命にかかわるような深刻な問題だと思う

そこで取材されていたおばあちゃんの言葉が胸にささった

「昔の事考えりゃ定期的に物を売りに来てくれるけん

なーんも不自由無い。罰が当たる位有り難い」って

値段だ・・品ぞろえだ・・品質だ・・って

そんなんじゃなくて買物出来るだけで有り難いって事

島根県みたいなローカルでも松江や出雲などの地方都市は

スーパーやディスカウントが競って出店して価格競争してる

コンビニも隙間が無いくらい出店を競い合ってる・・

でも、人口密度の少ないところは「ない」

自分のも含めて・・ちょーっと贅沢すぎるんかなぁー

あるのが当たり前・・安いのが当たり前みたいになってる
posted by まつさん at 16:22| 島根 ☁| Comment(0) | まいにち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
松崎せんべい販売店情報です! ブログ用販売店A0001.jpg